2017 秋ヶ瀬バイクロア

IMG_3963_convert_20180203110233.jpg
今回もお天気に恵まれました。

 またまたスポンサーサイトの広告が出るまでに更新の間が空いてしまいました orz
気を取り直して、もう2ヶ月も前のことになりますが、ブレーキの音鳴り修正して臨んだ2017秋ヶ瀬バイクロアの記事です。前年初めて参加し、なかなかに楽しかったので今年も参加しました。今回はソロとチームラリーの2種目です。が、通勤以外では自転車に全く乗っていない状況、オフロード練は皆無のまま臨んだのでした。

 前日、ブレーキの調整に行った際にショップのマスターからコースの注意点を指南してもらいました。いわく、コース内を走る小さな溝にすのこが渡してあり、そこが滑るので注意せよ、ということでした。
この貴重なアドバイスを胸に、自走で秋ヶ瀬公園入りしました。
受付を済ませ、試走。なるほど、路面も湿っており、溝に渡したすのこはよく滑りそうです。要注意。
2周ほど走って、チームの皆さんと合流。と思うまもなく参加するレース、ファンクラスBの招集の放送。

スタートラインに並ぶと、チームのYZさん、Sさんと同組でした。スタートの合図ともに、後方に沈みますが、気にせずマイペースで進みました。
コーズ脇の所々にチームの方がいらして応援してくれ、気合いも充実。先行するSさんを視野に入れつつ周回します。問題のすのこ、一つ目は、その前後が木の根で、しかも段差があり要注意。慎重に渡りました。
林を抜けてでこぼこの野原の先にある二つ目は直角に曲がって入ります。オーバースピードに注意です。
ここではスタッフの方がスローダウンする旨声をかけてくれます。
3つ目も段差があり、抜重をしっかりしてクリアしました。

2周目。
一つ目のすのこをクリアして、林を抜けて、二つ目のすのこ。1周目をクリアして油断したのでしょう、スタッフの方注意喚起を聞きながらスピードに乗って軽快にすのこにオン。と思うまもなくスリップ。泥のついたタイヤにすのこ、入り込む角度が小さかったようです。思いっきりすのこにたたきつけられました。左膝と右手の平を痛打。
しばらく立ち上がれず。他のライダーの皆さんやスタッフの方がに声をかけてくださいました。だいじょうぶです!と答えて、何とか乗車し直し、ゆっくり走り始めました。しかし、膝が痛くてクランクもうまく回せません。ぐにゃぐにゃの野原を抜けたところで、チームメイトの方が声援をくださいますが、反応もできない状態でした。すいません。

結局、その後も何度かこけました。すっかり気持ちが後ろ向きになっていました。一度などはラップしてきたYZさんに轢かれそうになりました。チームメイトでよかったです。それでもなんとか、這々の体でゴールしました。

しばし休んだ後、チームラリー。Sさんとチームで走りました。Sさん3周、おいら2周って感じのペースで45分間走りきりました。朝とは違って、日が高くなってきて地面もしまり、格段に走りやすくなっていました。すのこには十分注意しました。
最後のラップではチームメイトの応援に気をよくし、先行するライダーを交わしてピット前を通過。
でも最後のフライヤーで一気に抜かれて単独でゴール。とにかく走り切れて一安心でした。

午後からは仕事があったので、一人先に洗車して帰途につきました。
終わってみれば今年もなかなか楽しかったバイクロアでしたが、やはり練習と準備、肝心ですね。慢心もいけません。しっかり痛い目に遭いました。少し頭を冷やして、冬の計画を立てたいと思いました。

IMG_1535_convert_20180203110313.jpg
おぼつかないライン取りですが、楽しそうです。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

秋ヶ瀬バイクロアに向けて~ブレーキシュー交換

IMG_3960_convert_20171218124334.jpg
やはり野におけ CROSS CHECK 。

 2017年秋ヶ瀬バイクロアに向けて、日々の通勤でずいぶんと減ってしまったブレーキシューも新しい物に交換しました。
もともとついていたのはシマノの シクロクロス用カンチブレーキ BR-CX70 に付属していたシュー、換装したのは同じくシマノのR55C3、105、Ultegra、Dura Ace 共用の物です。
ところが、この換装後、ブレーキの音鳴りが激しくなり、それは通勤に不都合なほどでした。
たまらずいつものショップに持ち込んで相談しました。
店長さん曰く、ブレーキの剛性にフォークが負けているとどうしても共鳴してしまう、とのことでした。
それでもいろいろ調整してもらい、何とか我慢できるレベルになったのでこれでバイクロアに参加です。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

2017 温泉ライダー in 喜連川温泉

02.jpg

11月12日、「温泉ライダーin喜連川温泉」に参加してきました。

種目はロード2時間ソロの部です。
参加申込開始後すぐに定員に達してしまったクラスですが、キャンセル待ちに成功、無事参加できました。
ただ8月下旬以降、9月10月と通勤ライドばかりで長い距離、時間を乗っていず、また前日の土曜も重めの仕事が入っていて、ろくな準備もしないまま、電車に飛び乗ったのでした。
今回のレースは新しき旧友Dくんと一緒です。赤羽で落ち合い、宇都宮を経由、氏家からは自走で会場入りしました。
会場ではチームメイトのMさんと挨拶した後、試走に出ました。すると後ろから素晴らしい勢いで若者が追い越していきました。去年の同種目チャンプ、旧知のYくんでした。Yくんにコースの様子など聞きながら試走を終え、スタートを待ちました。

9:10、予定通りスタート。なぜか右のクリートがはまらずもたつきました。晴天ながら風が強く、いかにも北関東の冬です。
ローリングスタートで1周目はまったり、と思ったらコーナーで早速落車。
巻き込まれずに一安心。まもなく1周を終えるところでサイコンのスイッチ押し忘れに気づき、慌ててスイッチオン。
最後のコーナーを曲がって2周目、リアルスタート。下りで飛ばして、第1コーナーを勢いで登り、第2コーナーへ。
ほぼ直角に曲がって登ります。短いながら結構な斜度。ダンシングで乗りきりました。で少し下って第3コーナーを曲がり、また登ります。斜度はココが一番でしょうか。距離的には短いのですが脚に来ます。またダンシングで乗り切りました。
その後もだらだら登り、少し下って第4コーナーでまた直角に曲がって登り。だらだら登りが続き、しかもココは向かい風。ココはシッティングで登って、また下って直角の第5コーナー。これを曲がるとホームストレッチ。ここも向かい風区間でした。
こんなコースを結局20周しました。集団で走ることはほとんどなく、単独走の2時間でした。

14.jpg
胸元のオレンジ色はベストの色です。暑かった。

各周回のラップは以下の通りです。

2周目 5:45  32.2km/h 302w ベストラップ
3周目 5:45  32.2  304 セカンド
4周目 5:52  31.6  304 サード
5周目 5:58  31.1 282
6周目 5:59  31.0 276
7周目 6:07  30.3 274
8周目 6:04  30.6  274
9周目 6:02  30.7 276
10周目 5:58  31.1 268
11周目 5:58  31.1 270
12周目 6:15  29.7 254
13周目 6:15  29.7 246
14周目 6:58  26.6 236 登りではフロントをインナーに落とし、シッティングに切り替え。 で、チェーン落ち(フロント) 。
15周目 6:30   28.5 242  
16周目 6:22  29.1 255
17周目 6:42   27.7 237 
18周目 6:41  27.7 235
19周目 6:37  28.0 251 5時間のMさんに抜かれる。登りを再度ダンシングに切り替える。
20周目 6:07  30.3 273 最終周回。少しがんばる。
 
とまあ、見事に尻すぼみのラップでした。結果、20周、タイムは2:05:42、平均時速29.59km、順位は47/82人。
平均時速30kmを目標にしていましたので、完敗でした。
ソロ・エンデューロは久しぶりとはいえ、全く自分の力をわきまえない無茶な走り、反省が必要です。

22.jpg
お天気は良かったです。

思うに敗因は、

1 準備不足
  レース前の3ヶ月ほど、1時間弱の通勤ライドばかりでは、スタミナ不足に陥るのは当然でした。
2 機材選択ミス
  フロントのギア数が52-36、リアが11-25では僕の脚ではきつかったです。ちょっとコースを甘く見てました。
3 補給ミス
  途中で水がなくなりました。これは猛省。実はスタート前にちょっと足りなそうだなと気づいてはいたのですが、補給を怠りました。
  また事前には、BCAAを飲んでおこうと思っていたのですが、寝坊して忘れてました。猛省が必要です。
4 ペース配分ミス
  最初にいきり立ってオーバーペース、後はタレるばかりでした。もっと己を知らねばなりません。これが一番の反省点です。
5 集団に乗れなかったこと
  終始単独走でした。集団が来ても速すぎてついて行けず。
6 着ぶくれ
  けっこう冷たい風が吹いていたので長袖ジャージの上にウインドベスト、その上に半袖ジャージを着込みました。ちょっと厚着しすぎでした。

結局、頭が悪いということでしょうか。
でもレース後に入った温泉、宇都宮の餃子は大満足でした。
なんだか、来年再チャレンジしたくなっている今日この頃です。
ちなみに、20分の平均パワーは過去最高を記録しました。でも、2時間のレースなんですよねorz

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

2017 Mt.富士ヒルクライム

IMG_1626_convert_20170613223813.jpg
参加者は1万人だそうです。後から後からわいてくる感じでした。

昨年、中3年おいて参加したMt.富士ヒルクライムに、今年も参加してきました。
昨年同様、チームのMさんのとってくださった会場至近の宿で快適に過ごし、当日も余裕を持って出発しました。
前回の投稿で書きましたが、異動となって通勤距離が増えたおかげで距離だけは昨年より乗っています。
山は全くと言っていいほど登っていませんが、まあ、昨年よりはいいでしょう。と思いつつ待ち受けるスタート。
今年は参加者1万人とか。なかなか私らのヒートのスタートが回ってきませんが、焦っても詮無いこと。
Mさんと話しながら待ちました。前の前のヒートのもう1人のMパイセンやIプロ、T氏を見送って、予定時刻より10分ほど遅れてスタートしました。

IMG_1654_convert_20170613223847.jpg
富士山は見えませんが、ひたすら回していきます。

アップもろくにしていなかったので最初は呼吸がきつかったのですが、1合目くらいでようやく身体があったまり、後はひたすら回すのみ。
途中、後ろから来た体格のいい若い方に「遅い人は左にどけろ!」と言われてすごすごと端に寄ったりしながら、登っていきます。
斜度が緩めばシフトアップ、きつくなればダウンして、とにかくしこしこ登っていきます。
大沢駐車場まではインナーのみ、でも楕円にしたおかげか、なめらかに回せた気がしました。

富士ヒルはそれほどきつい坂はないので、ひたすらシッティングで登って行きました。やがて2合目、3合目。4合目。そして待望の大沢駐車場の太鼓の音に励まされてそろそろ平坦だろ、もう平坦だろ、と思って迎えた平坦路。回して回して、残念ながら回ってくれる方はおらず1人踏みました。
昨年はココで踏みすぎて最後の坂を登るのに苦労したので、若干押さえつつ最後の坂へ。
もう先は見えているので踏んで踏んで、ゴールのゲートはなかったので、なんだかあっけなくゴール。
手元の時計では90分は切れたようでした。

IMG_1662_convert_20170613223924.jpg


IMG_1656_convert_20170613223948.jpg
ゴール地点から見た富士山頂。なんか輝いてました。

4年ぶりに参加した昨年はワーストタイムをたたき出していたので少し安心すると同時に、異動を認めてくれた上司に感謝の念も抱きましたw
タイムは4年前の大会の自己ベストを少し越えられたようで、少しうれしかったです(でも、4年前は平坦直前でチェーン落ち、5分前後止まっていたんですが)。
でもやっぱり富士ヒル、いいですね。今年は警備や誘導にかわいい高校生らしき男女の皆さんが携わってくれていて、それもうれしかったです。若い皆さん、自転車、いいですよ。

ゴール後はそそくさと下って、吉田うどん食べて、宿に戻って風呂に入り、Mパイセンとともに高速バスで帰京しました。
やっぱり毎年続けて参加したい大会です。

最後に、スタッツを記録しておきます。来年の成長を期しまして。

2017年(2016年)
タイム 1:28:52 (1:37:15)

(以下、スタートラインからの計測です)
平均速度 15.3km/h (14.5km/h)
平均心拍数 156bpm (153bpm)
平均ケイデンス 79rpm (76rpm)
平均出力 227w/h (202w/h)
最高速度 41.6km/h (39.6km/h)
最大心拍数 170bpm (164bpm)
最大ケイデンス 105rpm (115rpm)
最大出力 482w/h (581w/h)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

Mt.富士ヒルクライム

13407122_1374629769219699_7963308133213412872_n.jpg

3ヶ月も放置してしまいました。
4月から新年度、仕事がそれまでより格段に忙しくなり、それが原因です。
週に一度荒サイ、後は自転車通勤という我が自転車ライフ。

それでも自転車似の手いるときは楽しいです。相変わらず。
で4年ぶりにMt.富士ヒルクライムに出てきました。
イベント参加は久しぶり。大会運営もこの4年でとても進化していて、ストレスなく楽しめる大会になっていました。
で、タイムは自己最低記録を更新しました。
でも、やっぱりヒルクライムは参加した感がありまして。過去よりも一番戦略的に走れた気もしまして。
とても楽しかったです。
オイラの場合、人との戦いにはならないので、自己満にひたれます。
次は何ヶ月先になるかわからないけど、またヒルクライムに参加しようと思います。
参加することに意義、楽しみがあります。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
FC2カウンター
twitter
    follow me on Twitter
    CalendArchive
    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    ツリーコメント
    プロフィール

    scighemin(シゲミン)

    Author:scighemin(シゲミン)
    荒サイ近郊在住、ロードバイクに乗って8年めです。

    ジテツウと週末の荒サイが活動のメインです。
    共働き、2児の父ゆえ、なかなか時間が作れませんが、隙を見て乗ってます。今年はレース控えめ。その他、フォールディングバイクを駆ってバカポタにも出かけます。仲間と走るのは何より楽しいです。

    愛車はORBEA・ORCA金とsurlyのcross check、DAHONのspeed p8(現在は9speed)です。ORBEA aqua、orca銅、colnago arte、そしてBROMPTON M3Lは手元を去って行きました。

    週の半分は炊事担当。料理は作るのも食べるのも見るのも好きです。

    他にフットサルやサッカーを愛好、楽しいお兄さんおねえさんとプレイすることもありました。

    シェア・ザ・ロード[share the road]

    今日のお天気
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード