筑波8時間耐久レース ~総括

とても楽しかったGW筑波ツァーでした。
でも、やりっぱなしでは進歩がありませんので、総括しとこうと思います。

まず、とても楽しいサーキット初体験ができたことを多とします。
特にチームのみなさんには有形無形のサポートをいただき、普段以上の力が出たような気がします。
ホントにありがとうございました。

以上。おしまい。



としたいんですが、やはりどうしても気になった点もありました。

ZTT-119_convert_20110510191536.jpg

まず、なんといってもライディングフォームのかっこ悪さですね。
容姿やらスタイルやら老いやらはハナからあきらめてますが、あの突っ立った上体はいけません。
もともと堅い身体、小学生の時から立位体前屈はマイナスのオイラです。fiz:kのサドルならアリアンテしかあり得ません。
たとえば、チームメイトのmogechonさんはブラケットを握っていてもしなやかで美しい曲線が出せる。
でも鋼鉄の身体を持つぼくはそうはいかない。
だからこそ、せめて下ハンで走りきらないといかん、と強く思った次第です。
下ハンをキープするには、上体というか、体幹の筋力がもっと必要なのかもしれません。すぐ楽をしたがる精神性とともにカイゼンが必要です。ふう。

次に、戦略のなさ、というか、頭の悪さを発揮して体力を無駄に消耗するような走りをしたこと。
集団に乗ろうと思ってスタートラインに立ったのですが、1走目は緊張からか舞い上がってしまい、すっかり先頭を牽くことあまた。3走目は集団のスピードについて行けず。2走目ではうまく集団に乗れて、まだまだ走れるぞ、って感じで終えられたのを考えても、やはりもっと頭を使う必要アリでした。

他にもいろいろありますが、まずは下ハン縛り通勤を始めました。
こじこじさん、中野通りでさぼってる姿を見かけたらどやしつけてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ





スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

Secret

お疲れ様です!
僕も柔軟性に著しい劣等感を持つ人種ですww

僕は依然、下ハンを持った時に綺麗にアーチを出そうとして腹筋に
力を入れる=お腹を引っ込める と解釈していました。
しかし、出力は上がっても腹式呼吸ができなくなってしまうのに
気が付きました。現在ではお腹を突っ張りだした力の入れ方をしています。
その方が遥かに呼吸が楽ですし、下腹部の筋肉が弛緩されて脚も
廻りやすいと感じています。

僕は個人差があるので結果速ければ何でもいいと思っていますが、
自己流を探し出すのがこれまた暗中模索なんですよね…。
他のスポーツでは模倣すれば良かったんですけど、自転車は奥深いですね。

僕は、以前はるはるさんからご教授いただいた、肩甲骨を真上に突き上げるイメージっていうのが、スゴクわかりやすかったです♪

僕も体固いし、フォームと前屈はあまり関係ないと思いますよ。

ブラケットポジションが楽に感じるのは自然なことで辛くなるとどうしても
上体が立ってしまいますよね。

もう意識付けしかないです。堅さや筋力よりも馴れですよ~

後ろから見てて上体は気にならず、それ以上にスムーズなペダリングに見とれちゃってましたよ(笑)

>こじこじさん

体格から柔軟性から、みんな人それぞれですもんね。
自分なりのフォームを模索していきます。それもまた楽し。

>Dさん

Dさんも身体が硬いんですか。驚きです。でも少し希望がもててきました。

>肩甲骨を真上に突き上げるイメージ
う~ん、難しいですね。でもちょっと意識してみます。

>ひでさん

そうですね、慣れですよね。もう下ハン握ってても気にならなくなってきました。通勤は10㎞ですけど。
ステムも交換して、バッチリ、と思ったら、今日ハンドルバーの角度調節してたら、ボルト破断しちまいました orz

>きゅーちさん

お褒めにあずかり光栄です。ノーマルからコンパクトにしたせいでしょうか。
でも、日曜練でのインナーロー縛り、全然回せません、ちぎれてます orz

フォーム

気にしないと駄目ですよね。
自分で自分のフォームってなかなか見れないし、今回の筑波みたいに写真に取られたりするとどうなのかよくわかりますよね。
けど体の柔軟性が人により違うので乗り方も人それぞれだと思います。
私は通勤中はかなりフォームを気にしながら走るようにしています!が、それが綺麗なフォームなのかどうかサッパリわかりましぇん!

筑波お疲れさまでした!写真もありがとうございました!

自分もカラダのカタい事は負けませんよ。
ポジションの見た目はサドル(高く)とハンドルバーの位置(遠く低く)にもよるのだと思うのですが、徐々に力が出せるポジションにカラダを合わせていくものなのかなあと思ってます。

最近自分が気にしているのは、上ハンでも下ハンでも後ろから見て首~肩~腕のラインが逆U時になる(肩甲骨がハの字に開く)のイメージをもつ事と、お腹を膨らませるように腹圧をかけて(腹斜筋や腹横筋で)体幹を安定させるイメージを持つ事です。
肩のいいラインができるときは、肘に余裕ができるので突っ張ったフォームにはならないはずです。でも上腕二頭筋にはキますよ~w

自分がロードレースにどハマるきっかけも筑波でした。シゲミンさんの楽しそうな日記からして個人耐久やJCRCに参戦するのも間近なような気がします。その力はあると思うので是非レース会場でお会いしましょう!

僕は普段ローラーであれこれイメージを変えながら具合のいいところを探っていますが、どこを握るかよりも上半身がぶれないように意識することのほうを重視してます。あとは腕をつっぱらないようにとか。
いかんせん自己流なので経験豊かなみなさんにポジションチェックをお願いしたいところです。

誰もがプロのような綺麗なフォームに憧れますね。
真似てはみるのものの中々身につきませんが、意識して乗ればそのうち良いフォームになると思います。

僕は、たまに下ハンを持った状態(体型)をキープし、手放し走行します(両手は腰の後ろで組む)。そして、肩の力を抜いたまま、ブラケット(ハンドル)に手を添える。そうすると、肩の力が抜けた(はるさんの言っている肩甲骨を開く感じかな?)、体幹で支えられた腕がつっぱらないフォームになると思います。

今度、ご一緒したときにでもやってみましょう。

オールスポーツコミュニティのサイトで写真が公開されましたね。
ヘルメットのカラーから区分けされているので、見つけるのが
大変ですが、scigheminさんはその他の分類になっているみたい
ですね。
集団の先頭を牽いている姿もしっかり映ってましたよ

>イーグルさん

写真、本当にショウジロウさんに感謝です。プロのカメラマンさんに撮ってもらえるなんて。
ちょっとでも進歩して、恩返ししたいと思っています。
やっぱ、レース、参加してみるもんですね(^_-)-☆

>はるはるさん

コメント&アドバイスありがとうございます。

>徐々に力が出せるポジションにカラダを合わせていくものなのかなあと思ってます。
その通りですね。無理のないポジションが取れるよう、スキルを上げていきたいと思います。

今シーズンはいろいろレースに参加してみようと思っています。よろしくお願いします。

>kanekoさん

>上半身がぶれないように意識することのほうを重視してます
なるほど。それがあの美しいフォームにつながるわけですね 〆(._.)メモメモ

あとは、今のところスタンド代わりの(笑)ローラー台に乗って、腕のつっぱり解消だ!

>CADEXさん

>真似てはみるのものの中々身につきませんが
そうですね。スキルも体力も体型も何もかも違うのにカッコだけまねてもあきまへんね。

>下ハンを持った状態(体型)をキープし、手放し走行します(両手は腰の後ろで組む)。
ちょっと、できそうにないんですけど…
でも、今度ご一緒したときにご教授願います。

>オラフさん

オールスポーツ、ぼくも見ました。スゴイ集団牽いてたんだ、と(;゚Д゚)

あとは真下向いてる写真も多く、いっぱいいっぱいだったんだなあと、つくづく思います。ちゃんと周り見なきゃ危ないじゃん、と思いました ヾ(_ _。)ハンセイ…
FC2カウンター
twitter
    follow me on Twitter
    CalendArchive
    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    ツリーコメント
    プロフィール

    scighemin(シゲミン)

    Author:scighemin(シゲミン)
    荒サイ近郊在住、ロードバイクに乗って6年めです。

    ジテツウと週末の荒サイが活動のメインです。
    共働き、2児の父ゆえ、なかなか時間が作れませんが、隙を見て乗ってます。今年はレース控えめ。その他、フォールディングバイクを駆ってバカポタにも出かけます。仲間と走るのは何より楽しいです。

    愛車はORBEA・ORCA、aqua とDAHONのspeed p8(現在は9speed)、そしてボロボロだったBROMPTON M3Lです。

    週の半分は炊事担当。料理は作るのも食べるのも見るのも好きです。

    他にフットサルやサッカーを愛好、楽しいお兄さんおねえさんとプレイすることもあります。

    シェア・ザ・ロード[share the road]

    今日のお天気
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード