スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

哀愁のチェーン落ち Mt.富士ヒルクライム2012

IMG_4045_convert_20120604213448.jpg
会場入りしたら、そのご尊顔を見せてくださいました、富士山さん。

珍しく準備万端(と思ってた)で臨んだMt.富士ヒルクライム2012。

前日、職場から直行・輪行で現地入り。

IMG_4038_convert_20120604213152.jpg
まもなく大月駅。

16:30ころに富士山駅着。雨は降ってませんでした。よかった。

IMG_4039_convert_20120604213329.jpg
佃煮やさんじゃありません、富士吉田、じゃなかった、富士山駅。

後はバイクにて会場まで行き(もちろん、何度か道に迷ったのですが)、受付を済ませました。会場の北麓公園からは富士山の姿もくっきり。

今年の宿舎は会場至近、PICA富士吉田です。
CRTのみなさん、CERのみなさんありがとうございます。

DSCN0571_convert_20120604212707.jpg
会場至近。来年もお願いします!

宿舎に着くと、早速小山FLAT OUTのキャプテンペンチさんご一行にも会えました。
あいさつして我らがパオへ。
パオではすでに宴たけなわ。Dr.Qさんの武蔵野うどんやしーちゃんのきりたんぽを初めとして、いろいろ美味しくいただきました。みなさんありがとうございます。しんさんの海鮮焼きそばが食べられなかったことだけが心残りです(笑)

DSCN0598_convert_20120604213051.jpg
こにゃ感じ。



で、夜は早めに寝て(当社比)翌朝。
はれぼったい顔して若干のアップをこじこじ君として、会場入り。
こじこじ君は前のグループなのでここでいったんさよなら。

と、同じグループでスタートするこーたろさんとばったり会いました。
二人で話しながら合図を待ちました。
しばらくして、ショウジロウさんにも会いました。
去年はkanekoさんといっしょでした。仲間と一緒だと、まことに心強いです。千人力。
ショウジロウさんはオイラたちより後方からスタートするそうで、さよならしました。

IMG_4071_convert_20120604213608.jpg
早くこのオリから出してくれえ!!って感じ。

やがて第1ウェーブスタート。続いて第2、3。そしてついに我ら第4ウェーブスタート!
しばらくはこーたろーさんと話しながら進みました。
が、計測開始地点あたりで先に行ってもらいました。やっぱ地力が違いますもんで。

IMG_4076_convert_20120604213829.jpg
スパークするこーたろさん。この後、彼の姿を見るのはパオにて。

IMG_4079_convert_20120604213910.jpg
確かに走ってます。

以降は、ヒルクライム恒例の、孤独な営み。
脳内にはさまざまな妄想が飛び交う時間です(笑)
実は、サイコン無し(edge500、データが容量いっぱいになっちまったようで、電源を入れてもGARMINの文字しか出てきません)、腕時計のみが頼りで進んでいきます。
したがってトップチューブに貼っていたFR誌の5kmごとのタイムテーブルも、走った距離がわからないため、あまり役に立たちませんでした。

最初の5kmが一番キツイんだよな、と思いながらヒーヒー言ってますと、やがて後ろから名前を呼ばれました。ショウジロウさんでした。スペシャを駆る彼は軽快にパスしていきまして、あっという間に見えなくなりました(その後彼を見たのはゴール地点、綺麗なモデルさんの手をとってました。イイナ!)。

それでもイーグル君の教えを守って、自分のペースでゆっくりじっくり我慢して登りました。

やがて第一給水所。距離はわからなくてもこの場所はわかります。
トップチューブの表を見ると、ここまでのタイムは上々でした。
90分切りと言わず、もっと上方修正したくなる気分を抑えてペダルを回しました。

しばらく行くとまた後方から「やっと追いついた!」の声。
今度は、同宿したラリー君でした。流石に速いです。パスされて、それでもその後ろ姿が視野に入る位置から落ちないようにがんばって、登りを続けました。
やがて、徐々に雨粒が落ちてきました。

IMG_4081_convert_20120604213942.jpg
そう、淡々と、でも力を込めてペダルを回します。Like a 人生。

進むことしばし。
周囲のみなさんもだいぶ疲れが見え始めてきました。そこをいい感じのスピードでパスしてくる人もいます。
そこで、その後ろにつかせてもらうことにしました。乗ってみると、やはり楽。しばらく、パスしていく人を乗り換えて進んでいきました。途中でラリー君をパスできました。

またしばらく行くと、見慣れたバニホジャージの方。
「バニホさんがんばりましょう!」と声をかけると、なんと主宰のおネロさんでした。
それでまた少し元気づいて登りました。

で、第二給水所。タイムは相変わらずいい感じです。
太鼓の音をバックにリキ入れました。
20kmを過ぎ、そろそろ平坦?と思い、フロントをアウターに入れました。
さあ、行くぞ! と踏み込んだ瞬間でした。ガリガリガリっといやな音が響きました。

あちゃ~、チェーン落ち
先週の柳沢峠の時と同じじゃん!

脳内で悪態つきながらチェーンをかけ直しますが、焦りのためかなかなかできません。
チェーン落ち防止のためのキャッチャーが、いったんチェーンが外れるとあだになることを体感しました。
何も本番でとはね。とほほ。
パスしていくラリー君に声をかけられ、しばらく奮闘して何とか修復。

さて、気を取り直して、あれこれ脳内で悪態つきながら突っ走りました。
平坦部分はもうちょっと先でした。
そして、今度こそ平坦が来た、と思い、フロントをアウターに入れてぐっと踏み込みました。
すると、ガリガリガリッ
二度目かよ。

そういえば店長さんに点検してもらった時、チェーン落ちの相談をすると、「シフトチェンジのタイミングに気をつけることですよ。瞬間でいいからトルクをかけないで変えること」とアドバイスいただいたのを思い出しました。
ぐっと踏み込んだりして、あほかオイラは。と思いながら、また焦って修復作業。
チェーンキャッチャーが障害になることを学習していたので、前回よりは早めに完了。

霧雨の中、もうアウターは使わずにインナーのみでガシガシと、突っ走りました。
最後の坂もなんだかわからずに駆け上がりました。
昨年の反省から、気をつけようと思っていた全部スポーツさんのカメラさんの位置もよくわからなかったです。

そんで、ゴール。
手元の時計では90分を何十秒か越えたくらい。
嗚呼



今年は五合目工事のため、仲間を待ったり、感慨にふけったりするスペースもなく、行列に並ばされ、ちょっとずつちょっとずつ前進させられました。
なんだか自分がふがいなくてへこんだまま、荷物が集積されている所まで流されました。オートメーション上の製造物のよう。霧雨は降り続いていました。

やがて後方からのオイラを呼ぶ声。
振り向くと、mogechonさんとしんさんのナイスミドルコンビ。

IMG_4085_convert_20120604223046.jpg
ナイスなお二人。

IMG_4083_convert_20120604214002.jpg
まったくナイスでないおじさん。

3人で荷物を受け取り、防寒ウェアを着込み、下りの準備。
すると、今度ははるはるさんから声をかけられました。
タイムを聞くと流石のタイムでした。
オイラははるはるさんに聞かれてもなんだか煮え切らない返事しかできませんでした。
やがて彼とは別れて、mogechonさん、しんさんとオイラも入れてナイスなミドルトリオで下りに入りました。
一瞬、晴れ間がさしたような気がしました。

長い下りを、寒かったけど、大して降られもせずに北麓公園まで走りました。
前週感じた下りへの恐怖はどっかに行ってました。
多少の失望はあったけど、やっぱり充実感たっぷりでした。

やがて北麓公園着。
ふるまいの吉田うどんを受け取ると土砂降りが始まりました。

IMG_4086_convert_20120604214024.jpg
偶然ですが、去年もこのオネエさんにうどんをいただきました。奇遇!

テントの中にすし詰めになってうどんをすすり(この間だけmogechonさん行方不明)、食べ終わると早々に宿舎に帰還しました。

後はみなさんの帰着を待ちました。こじこじくんやこーたろーさんに結果速報を見てもらいました(おいらのソフトバンクはこの地では全く使えないのです)。速報値ではなんとか90分を切れていたようです。少しだけホッとしました。

待つことしばし、みなさんが三々五々帰還して、やがてみんなそろいました。
1人のけがもなく、無事にイベントを終えられました。これは何よりの喜びです。
そして、精算をし、それぞれの帰途につきました。



てなわけでMt.富士ヒルクライム2012、無事終了。
やっぱり年に一度のお祭り、とても濃くて楽しい休日を過ごせました。
参加したみなさんと参加を許してくれた家族、そして生きとし生けるもの、森羅万象に感謝です。
そして、サンクス富士山、また来年。
元気で行かう。絶望するな。では、失敬。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【哀愁のチェーン落ち Mt.富士ヒルクライム2012】

会場入りしたら、そのご尊顔を見せてくださいました、富士山さん。珍しく準備万端(と思ってた)で臨んだMt.富士ヒルクライム2012。前日、職場から直行・輪行で現地入り。まもなく大月駅。16:30ころに富士山駅着。雨は降ってませんでした。よかった。佃煮やさんじゃありま...

コメントの投稿

Secret

チェーンキャッチャーの中にチェーンが落ちたことがありますが、最悪どころの騒ぎじゃないですね(苦笑
僕のは結局FDはずしましたよwww

No title

あちゃー去年の僕と同じパターンですね。
でもブロンズをしっかりとるところはさすが!

おつかれ

お疲れでした!最後の登りで楽しんでたみたいですね。でもそれで30分切りはすごい。次回は私も挑みますよ。

No title

気合い入れた時のトラブルはタイムより精神的ダメージがでかいですよね。

お疲れさまでした。

目標達成(?)おめでとうございます!
そういや僕も去年チェーン落とした弾みに変な声が出て周りから白い目で見られたなあ…

初めまして!

ECUのユウと申します。
レース中にお声掛けいただいたこともあり、
やべっ、とりあえず見られている範囲だけは
頑張ってるフリをしないと、などと焦りましたw。
いずれまたどこかでお会いできるかと。
今後ともよろしくお願いいたします。

No title

平坦地でさえチェーンが外れるとテンションが下がるのに、ヒルクライムの途中って出来るかぎり脚を地面に着きたくないハズ。ましてやチェーン外れなんて考えただけで・・・
ガッカリを通り越して、悪態つきたくなるのは同感!です。
それでも完走できてよかったですね~
シフトのタイミングとラフにシフトすると外れるのでお気をつけあれ♪
次回はどのレースですか?

お疲れ様でした(`_´)ゞ

ここ最近、本文中に俺の名前が良く出てますね(笑)

チェーン落ちってイヤぁ~な音鳴りますよね。しかし、チェーン落ち二度のアクシデントがありながらの完走、しかも1時間30分切りは凄いのでは??

お疲れ様でした!
一大イベントでのトラブルは凹みますよね…サイコン不良にチェーン落ちとは。
僕もHRセンサーの電池切れ?で正しく表示されず、コントロールが手探りでした(>_<)
来年は80分切り目標でしょうか!お互い頑張りましょう~

No title

お疲れ様でした。チェーン落ち残念無念でしたね。上りはお会いできませんでしたが、下山24Kmのシゲミンさんのかっちょいい背中が目に焼き付いています。来年また行きましょう~!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2度のチェーン落ちにも関わらず初参戦でブロンズゲットは素晴らしいです。

焼きそば、お口に入りませんでしたか。それは残念でした。来年はぜひ(笑)

No title

お疲れ様でしたー。
僕のも全く同じでインナーからアウターに入れようとした時に起こりやすいです。
しかも、特に力を入れた訳でもないのに落ちた事もあります。ONIXでは一回も無かったんで、
やっぱりフレーム特性なんでしょうか?
実は僕もかなり不安要素であったりしましたが、何とか回避できました。(挙動はありましたが、、)
次はエントリー時に調整して、是非ご一緒スタートしたいです♪

>Dさん

まったく往生しました。焦りが焦りを呼ぶ展開。
最後はほとんどバイク持ち上げて直してました(笑)

>しろうさん

ああ、そうでしたね。
まっこと、くやしかでごんす。
来年はいっしょに走りましょうね。

>ペンチさん

お疲れ様でした。
ravanelloで真っ向勝負、いいっすね。
来年もご一緒希望です。

>ひでさん

まっことにその通りですね。
実を言うと5合目ではすっかりふててました。
人間修養が足りませんね。

>kanekoさん

ありがとうございます。目標達成、なんすかね。
なんだか来年も出たくなっちゃいまして。
ご一緒お願いいたします。
前夜はpaella希望です。

>ユウさん

コメントありがとうございます。
速かったですねえ。あっという間に置き去りでした。
いつかECUさんのイベントに出させてもらいたいと思っています。それまでに精進します。
よろしくお願いします。

>マー坊さん

>シフトのタイミングとラフにシフトすると外れる
なるほど、ラフでしたね。いい加減歳なんだから落ち着かなあきまへんね。
アドバイスありがとうございます。

No title

>ここ最近、本文中に俺の名前が良く出てますね(笑)
やっぱあこがれですから、イーグル先輩。

おかげさまで20kmまではいい調子でした。
来年はご一緒しましょう。

>Zazuさん

大阪からの参戦、お疲れ様でした。
久しぶりにお会いできて嬉しかったッス。
来年も出ましょうね。

ミネストローネ、バゲット美味しかったです。

>mogechonさん

おおっ、山岳王様ご降臨ですね。光栄のみぎりです。
その強さの秘密、是非こっそり教えてくださいまし。

>しんさん

コメントありがとうございます。
一年間、塩焼きそばの夢を見たいと思います。
来年もよろしくお願いします。

ちなみにオイラは今年2度目の参加です。

>No titleさん

onix乗りでいらしたんですね。
来年はいっしょに登らしてくださいまし。
お疲れさまでした。
FC2カウンター
twitter
    follow me on Twitter
    CalendArchive
    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    ツリーコメント
    プロフィール

    scighemin(シゲミン)

    Author:scighemin(シゲミン)
    荒サイ近郊在住、ロードバイクに乗って6年めです。

    ジテツウと週末の荒サイが活動のメインです。
    共働き、2児の父ゆえ、なかなか時間が作れませんが、隙を見て乗ってます。今年はレース控えめ。その他、フォールディングバイクを駆ってバカポタにも出かけます。仲間と走るのは何より楽しいです。

    愛車はORBEA・ORCA、aqua とDAHONのspeed p8(現在は9speed)、そしてボロボロだったBROMPTON M3Lです。

    週の半分は炊事担当。料理は作るのも食べるのも見るのも好きです。

    他にフットサルやサッカーを愛好、楽しいお兄さんおねえさんとプレイすることもあります。

    シェア・ザ・ロード[share the road]

    今日のお天気
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。